アファメーションは看護師にもメリットあり

患者のメンタル面のサポートを行うのは、看護師にとって大切な役割の一つです。
しかし、病気で意気消沈してしまっている患者に活力を取り戻してもらうのは、容易なことではありません。メンタルケアに苦労を重ねる看護師は多いのです。

そのために、効果的にメンタルケアを行うための方法論が多数開発されてきています。それを学んで実践することにより、メンタルケアに成功する人も増えてきました。

その方法の1つとして注目されているのが、アファメーションです。
「自分ならできる」という確信を自分に対して言い聞かせることで、うまく前向きな姿勢を取り戻す方法です。
この方法は、患者に対してだけ効果を発揮するのではなく、看護師が自分に対しても適用することができます。

看護師の全てが、完璧な人という訳ではありません。ミスや疲れがきっかけで、仕事に対してやる気がなくなってしまうという経験をする看護師は多いのです。しかし、そのような場面でアファメーションを利用すると、仕事に対するやる気を出すことができるのです。
ミスをしたけれど自分はまだ頑張れて、次は同じミスをするわけがないという確信を持つように自分に言い聞かせて自らを鼓舞すると、前向きに働けるようになるのです。

アファメーションは習慣的に行うことが重要で、ミスや疲れがあるときだけに行っても効果は薄いです。普段から行ってることでいざという時、簡単にやる気を取り戻すことができ、仕事に精を出せるようになります。
アファメーションを学び、患者だけでなく自分にも適用することで快適に働くことができるのです。

2018年1月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
  • カテゴリーなし
アーカイブ
最近のコメント